なぜ「海底二万マイル」は休止のままにされてしまったのか

ディズニー

7月1日から長期の閉園期間が終わり、再開園した東京ディズニーシーですが
一部のアトラクションは休止のまま…

その中には僕の大好きな「海底二万マイル」も
今回は海底二万マイルが再開できなかった理由をあれこれ考えていきます。

ちなみに筆者は8月6日にシーに行きました!
そこで自らの目で確かめて来ましたので
そこからの考察も交えて紹介していきます。

僕のスタンスとしては海底二万マイルが休止のままなのは仕方ないと思います。
ただ、海底二万マイルは休止でこれはいいの?というアトラクションも
あるのでそこの違いを検証していきます!

スポンサードリンク

海底二万マイルのスペックをおさらい

海底二万マイルは2人掛けのシートが3つ並んだ6人乗りの
小型潜水艇でネモ船長の志願クルーとして海底探索に向かいます。

今回はストーリーには触れませんが
ポイントは小型潜水艇なのでアトラクションに乗っている
数分間は完全な密室になるというところです。

もちろん潜水艇内部は広くありません、
ただ絶叫要素はほとんどありません。

アトラクションの回転はかなりいい部類になると思われ
通常30分前後の待ち時間が多いです。

では実際に海底二万マイルのどのような部分が
休止となる原因になっているのか考えていきます。

ライド的な側面

ライドの特徴は上記の通り
・完全な密室状態
・大人6人乗りで距離も近い

また潜水艇なので屋根や扉を開けておく換気ができない、
サーチライトで海底を照らすので確実に乗り換えごとに消毒が必要になる。
という点も忘れてはいけません。

類似アトラクションとの差は?

では再開しているアトラクションと海底二万マイルの違いはどこにあるのかを
検証していきます!

ランドの「白雪姫」「ピーターパン」「ピノキオ」は
小型のライドに乗ってストーリーを体験していくので
基本的な仕組みは海底二万マイルと同じです。

ただこれらはトロッコ型のライドなので密室にはなりません。
また乗る人数も海底二万マイルより少ないため
消毒や間隔調整も断然しやすいと思われます。

やはり密室になるかならないかの差が大きいようです…

海や水に関わるところでいくと
ボートの「シンドバッド」「カリブの海賊」
「ゴンドラ」や「アクアトピア」などが挙げられますが
これらも屋根がついていない、屋外や屋内の広い空間のアトラクションと
換気が問題なくできる状況にあります。


現地でわかった決定的な理由!!

ここまでがシーに行くまでに僕が考えていた休止の理由ですが、
実際にミステリアス・アイランドに行ってみて
「これは単純に三密だけではなく複合的な判断だ」と気づきました!

ソーシャル・ディスタンスのことを完全に失念していました。

ディズニーのソーシャル・ディスタンスは徹底されているので
アトラクションのキューライン(待機列)が今までとは全く異なります!

室内のぐるぐる並ぶような配置はないので屋外までズラーっと列が伸びています。
これの影響が海底二万マイルにもあったのです!

まさかのまさか
ソアリンのキューラインに海底二万マイルが使われていました!

行く直前に情報は知ったのですが本当に驚きました。
ソアリンのキューラインは80分待ちでも
ミステリアス・アイランドを抜けてアラビアン・コーストまで続いていました。

1日見ていても待ち時間はほとんど変わらず、
その途中に海底二万マイルの中を通るルートが設定されているので
ソーシャル・ディスタンスの確保が必要とされる以上
海底二万マイルの復活は厳しいということがわかりました。

現在の海底二万マイル

現在の海底二万マイルはアラビアン・コースト方面から流れて来たゲストが
普段とは逆流する形で出口通路から降って海底二万マイルのキューラインを
通っていきます。乗り場を見ると止まったままの潜水艇がバッチリ見えました。

なかなか止まっている潜水艇は見れないので嬉しい反面、ただの待ち列の一部となってしまった
Favoriteアトラクションに悲しさも感じずにはいられませんでした。

そのまま外の螺旋スロープを下から上へ登ると今度は
さらに貴重な海底二万マイルのファストパス発券場の中を通って、
ミステリアス・アイランドを抜け出します。

とはいえソアリンのキューラインの中で唯一の日陰+冷房が効いているエリアなので印象に
少しでも残ってくれると嬉しいですね…笑

ヴェルニアンとしてはもう少しゆっくり見物したいところなんですが
ソーシャル・ディスタンスで間隔が広いので列の進みは早く、
眺めてられる時間が短いです。

最後に

海底二万マイルの休止は思っていた以上に様々な要因があり、
最も合理的な選択が休止なのだとわかりました。

やはりファンとしては物寂しいですが
今は裏方のしてゲストの癒しとなっているので
再開した暁にはネモ船長と共にまた
深海の神秘を探りたいです。

また原作でも読み返しますかね


コメント

タイトルとURLをコピーしました