[9/16更新] セルビアが強い!W杯試合結果まとめ!

バスケットボール

こんにちは、ボグボグです!

みなさんワールドカップの試合結果は追っていますか?

意外と情報が入ってこない気がします。

 

そこでこの記事でセルビアの試合結果をまとめていこうと思います。

絶好調のセルビアが止まらない!!

 

随時更新していきますのでチェックお願いします!

スポンサードリンク

アンゴラ戦 8/31

ワールドカップ2019の開幕試合となったアンゴラ戦は

試合序盤から圧倒的な強さを発揮しました!

 

ビエリッツァを初戦から温存し、ヨキッチもベンチスタート

でしたが105-59と危なげない勝利でした。

ボグダノビッチは19分で24点と爆発!

スリーポイント5/7成功で71%という驚異の確率を叩き出しました。

 

ハイライト

 

 

ボギーはNBA基準のスリーポイントラインに慣れているので

ラインの外から2、3歩離れていても平然と決められます。

対するアンゴラにはNBAプレイヤーがいないので

そういった国際舞台での対応に手こずっていたように見えますね。

 

チームで比べても

アシスト32−7、リバウンド41−19と

ボールの回りもよく盤石な展開で圧勝しました。

 

フィリピン戦 9/2

第2試合はフィリピンでした!

今大会ベストスコアの126点をマーク、勢いそのままに突き進みます!

 

この試合で温存していたビエリッツァが満を辞して登場!

控えから16分で20点しかも2ポイント4本

スリー3本、フリースロー3本の試投を全て成功させ

100%を達成!!

 

これはすごい、こんな選手がいるサクラメント キングスはさぞ強いんだろうなぁ!笑

今季は覚醒したビエリッツァにも注目ですね!

 

ハイライト

 

 

126−67はバスケではなかなかお目にかかれないスコアです。

フィリピンは元NBAの帰化選手#1アンドレイ・ブラッチが奮闘するイメージでしたが他の選手のレベルのかなり上がってきている感じがします。

 

セルビアは余裕がある試合が続いているので当たり前ですが

登録している12人が全員プレイタイム10分以上あるのが

後々大会が進んだときに強みになる気がします!

 

 

 

ひとつ気になるのが

ボギーと並ぶチームの柱であるニコラ・ヨキッチを

2試合連続でベンチスタートにしている点です。

プレイタイム的にはスタメンと変わらないほど出ているのですが

彼ほどの選手が控え?とも思います。

 

おそらくは若手の試合経験や育成のための戦術だと思いますが

いつフルメンバーのスタメンを揃えてくるのかにも注目したいですね!

 

 

イタリア戦 9/4

1次予選最後の試合はイタリア戦です!

100点試合こそ逃すものの92−77でしっかりと勝ちきりました!

 

しかもエース・ボギーが大爆発!

35分の出場で31点4リバウンド5アシストをマークしました!!

すごい、すごすぎる…

 

そしてこのかっこよさ

国を背負った男は強い!

 

ハイライトです

 

イタリアはベリネリ、ガリナリのコンビが強力でしたが

スリーが止まらないボギーとセルビアは相手が悪かったですね。

 

ヨキッチも15点と仕上がっています!

 

 

 

プエルトリコ戦 9/6

2次予選の初戦 相手はプエルトリコです!

 

連勝の勢いそのままのセルビア代表は試合が続いても元気!

終わってみれば90-47で快勝!

ボギーは5点と調子を落とすも控えのビエリッツァが18点と奮起!

チーム全体で5人が二桁得点をあげる猛攻で勝利しました!

チームの完成度が高いですね。

 

ハイライト

ボバンが大暴れしてる…

 

 

スペイン戦 9/8

激闘が続く2次予選、強敵スペインを相手に…

今大会無敗のセルビアが…

ついに敗れる。。。

 

いや強いのはわかっていたんですが

あれだけ勝っていたのでショックですね笑

 

以前記事にもしましたが

今大会でセルビアが苦戦しそうな相手はスペインかアメリカのみだと思っています。

関連記事:【予言】セルビア優勝おめでとう

自分の言葉通りで…笑

 

試合はというと

第2Qに大きく離されたセルビアは

ボグダノビッチが26点10リバウンド6アシストを獅子奮迅の活躍をしますが

大黒柱のヨキッチがまさかの第3Q途中に退場と

最後まで流れを掴みきれず敗戦となりました。

 

ハイライト

 

とはいえこれで終わりじゃない!

ここからはついに勝ち残りのトーナメント

そう、ここからまた連勝すればそれでいいのだ!

 

 

アルゼンチン戦 9/10

セルビア代表、まさかの連敗でワールドカップ優勝の夢が絶たれる…

 

序盤から勢いに乗り切れないセルビアに対しアルゼンチンはエンジン全開、

接戦で食らいついていくも最後まで本来の力を発揮できなかったセルビアは

87−97で敗れました。

 

ボギーはチームハイの21点を叩き出します。

ヨキッチは16点10リバウンド5アシストとチームを牽引しますが5ターンオーバーが痛い。

ビエリッツァも18点7リバウンドですが3ターンオーバーに加えスリー2/7とシュートに苦しみました。

 

一時はリードする場面もありましたが

もう1本が決めきれなくて負けた印象ですね。

 

連戦の疲れやスペイン戦のショックがあったのかもしれませんが

この結果ばかりはアルゼンチンを褒めなければいけません。

 

スコラ、カンパッソのベテランコンビが存分に躍動していました。

ハイライト

 

アメリカ戦 9/12

5~8位決定戦の相手はアメリカでした!!!

 

決勝のカードと予想していた両者がまさかこんな順位で当たるとは…

フランスに負けて意気消沈気味のアメリカを

セルビアが序盤から圧倒!

 

途中追い上げられますが最後には

ボグダンがエースらしく決めてくれたので

94−89でセルビアが勝利を収めました!

 

ボギーは魂の28得点4リバウンド6アシストをマーク!

スリーを7本も決めて意地を見せつけました!

 

対するアメリカはハリソン・バーンズが

チームハイの22点!

 

どちらもキングスの選手が輝くというファンにはたまらない結果となりました!

 

ハイライト

かっこいいなぁ〜!

 

 

チェコ戦 9/14

ワールドカップ最終戦は

5位をかけたチェコ戦でした!

 

前半はリードされるも後半で持ち直し逆転勝利!

見事5位入賞を果たしました!

 

相変わらず勢いが止まらないボギーは

31点、スリー7/12と最後まで大暴れでした!

 

ハイライト

 

 

アルゼンチン、スペインに負けてしまったけど

どちらも決勝まで残ったので

セルビアもあと一歩のところにいる!

来年の東京オリンピックでもその勇姿が見たい!

 

最後に

ボギーは大会MVPこそ逃しましたがオールスター5に選ばれ、

その実力を再び世界に証明しました!

 

大会平均スタッツ

22.9得点 4.1リバウンド 4.4アシスト

スリー53% フィールドゴール55.6%

本当に好調をキープしていたのが伺えます!

 

プエルトリコ戦が5点で終わっているのでこの試合も20点近くあげていたら

もっと恐ろしいスタッツになっていたはずです!

 

とはいえNBA開幕ももうすぐです。

もう少しの時間しかないとは思いますが

連戦の疲れを癒して万全の状態で

キングスのボグダノビッチを観たい!

 

今から楽しみで仕方ないです!

 

セルビア、各国の代表チーム

お疲れ様でした!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました