【キングス】ボギーがキャリアハイ更新の31得点!!

NBA

こんにちは、ボグボグです。

 

2019年11月19日のサンズ戦で我らがボグダンさんが自己最多の31点をマーク!

本来は1試合ごとでのブログは想定してなかったのですが

個人的に嬉しすぎて書いています。

 

後半ではキングス移籍組のここまでの活躍も振り返ります!

 

スポンサードリンク

ボギーとサンズ

ボギーとサンズは切っても切れない縁があります。

そもそもボギーをドラフトで指名したのがサンズです。

 

そしてキングスはマーキス・クリスを指名直後にトレードで

ボギーの交渉権を獲得しました。

 

当初はクリスがサクラメント出身と聞いていたので即トレードに驚きましたが

今となってはトレードして大正解だったことは言うまでもありません。

 

そんなこんなあったサンズ戦は

今までの試合でもボギーが気合い入ってることが多い気がします。

(あくまでも気がするだけですが)

 

チームとしても今シーズンの開幕戦で30点差の大敗を喫し、バグリーを失い

開幕から5連敗のきっかけとなってしまった宿敵。

 

しかも同ディビジョンでもあり、絶対に負けられない相手なのです。

 

そんなサンズとのリベンジマッチ、ここのところエンジン全開のボギーが

ついに30点の壁を撃ち破る!

 

キャリアハイの31点、7本のスリー

この試合でボギーは2つのキャリアハイを達成しました。

31得点、そしてスリーポイント成功数7!

 

 

つい最近も28点、25点を出していたので30点もすぐそこまで迫っているとは

感じていましたが、実際に見ると感動します。

 

しかもめちゃ撃ちしたのではなくスリー7/9と超高確率77.8%

素晴らしすぎる。

 

今季スリー50本以上の試投での成功率トップ!

 

 

 

開幕時での記事でも書きましたが僕個人としては

今季のボギーの目標は6thマン賞です!

 

平均20点にどこまで近づけるかが非常に大事になります。

そしてチーム成績も賞を後押ししてくれるので

平均20点7アシスト4リバウンド2スティール+プレイオフ出場

これで6thマン賞とれなかったら泣きます。笑

 

まぁ願望を多分に含んでいますがありえないことはないです!

 

キングス移籍組

開幕5連敗で全く噛み合っていなかったキングスも

その後8試合で6勝2敗と勢いが出てきました!

 

移籍組の序盤戦を評価していきます!

・デッドモン

開幕スタメンでかなり期待していたんですがいかんせんシュートが入らない。パスワークとかにもついていけずいいとこなし状態が続き、控えに降格。

最近、やっとスリーが入りだし、インサイドでも貢献しています。

もっとインサイドでゴリゴリにやってもらったほうがいいかも。

・ホームズ

デッドモンの後に獲得したからサブ的な役割かなと思ったらすぐにスタメンを勝ち取る。ゴール下のハッスルが素晴らしい。リバウンドもアンダーサイズながらもぎ取ってくれる、チップインでの得点も多いのでいい。サンズ戦でキャリアハイの15リバウンド!

キングスファンのハートをがっちり掴んでます!

・ジョセフ

最初はフォックス、ボギーと合っていなかった印象も持ち前のリーダーシップと経験、ディフェンスでらしさを取り戻す。サンズ戦ではキャリアハイの14アシスト!ボギーの記録をお膳立てしてくれました。

・アリーザ

ディフェンスとコーナースリーの職人もさすがに衰えたか、合っていないのか存在感が全然ない。ディフェンスでも1on1でぶち抜かれてたりするので心配です。

 

正直、移籍組でまともに機能しているのは

ホームズとジョセフだけですね。

 

ビエリッツァ、ヨギがしっかりと活躍してくれているのでなんとかなっていますがせっかくの補強が上手くいかないのは悲しいです。

 

まとめ

いきなりの連敗&負傷スタートとなったキングスですが
なんとかチームを立て直し6勝7敗まできました。

このまま好調ボギーの勢いに乗っかって勝ち星を積み上げましょう!

そして悲願のプレイオフ、ボギーの6thマン賞を手にするんだ!

Sacramento Proud!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました